プロフィール

目安時間:約 10分

こんにちは、サマンサと申します。

 

 

今は大阪に住んでおりますが、生まれはすぐ横の神戸です。

神戸といっても海側ではなく、山側のどちらかというと山あいの村という雰囲気の所でした。

 

 

あくまでイメージです

 

 

駅までは歩いても15分はかかります。

近くの学校への通学も山のup-downがあって30分以上かかりました。

しかし鳥のさえずりもあり、自然がすごく感じられるところでした。

けど、夏はかなり汗だく、冬はビュービュー寒かったのをいまだに覚えております。

 

 

いよいよ学生から社会人へ

 

高校卒業後に大阪の健康食品輸入会社に就職し、

大阪でひとり暮らしをすることに決意しました。

やはり都会は便利だと感じつつも、やや寂しい感覚もありました。

なぜなんでしょう、ゆっくりした時間の流れが体に合っているのかも、、

 

高校の時はバドミントン部に入ってました。

初めはただ、しんどいだけだったのが練習の甲斐あって

徐々にシャトルをうてるようになると楽しさが変わってきました。

 

 

バドミントン

 

 

夏の閉め切った体育館の暑さは格別なもんで、

温泉につかりながらシャトルを追ったりフットワークに励んでいる状態でした。

 

1回の練習で2kgくらいは体重が落ちる状態だったので、

ダイエットは考えなくても、体型は絞まっていました。

 

 

新しい生活と職場に期待いっぱい

 

その頃は職場での付き合いも今とはちがって活発でした。
先輩とは

”今後の新商品のことも相談したいし、飲み行かない?”

と、表情からは半強制のようなお誘いがあったりしました。
また同僚からは

”近くにオープンしたスイーツバイキング行かない?”
と、当時は珍しいお店が出来ては、まず試しにいってましたね。

 

カロリーや栄養バランスなど、頭には全くなかったです。

新しい生活の中、いろんなことが新鮮に目に映り、とても楽しい日々を過ごしました。

 

 

会社

 

 

ただ一部の上司には抵抗感があり、当たり障りのないようにスルーすることには
気をつけて過ごしてました。

 

営業していたので、体形やお肌には注意していかないといけませんでしたが、
何か制限しないと、とは考えてもいませんでした。

 

学生時代のバドミントンでついた基礎代謝の増加のおかげで、
何とか代謝がまわっていたんだと思います。

 

 

結婚 子育てで生活が一変

 

営業経験と美容の知識がかなりついて面白くなってきていたので、
もう少し働いてスキルを上げたい、という思いがありました。

 

付き合っていた、今の主人から結婚してほしいとプロポーズがあったのですが、
先ほどの通りだったのでかなり迷い、結局1か月くらいは返答できなかったです。
一生が左右されるこのになるので、この時は本当に悩みました。

 

 

プロポーズ

 

 

31才の時でした。

 

その後、退職はせずに新婚生活を始めました。
当初は共働きだったので、約束事をつくりました。

 

・朝は”おはよう”のあいさつをする
・家事は隔日で分担する
・財布は一緒

 

大阪市内での新居生活でした。

 

 

悪夢のようなつわり

 

半年ほどして、急にメマイがくるようになり、徐々に頻繁になってきました。
耳の塞がれたような感じもあり、おかしいな、、、、
そう、妊娠です。
私は悪阻が強く、頭痛や吐き気が常時ありました。
血を吐くこともありました。

 

 

つわり

 

 

食べたいものはあるけれど、食べられない、本当にきつかったです。
すぐにおさまればいいんですが、3か月以上も続き、全く動けなかったです。

 

会社は急な退職でしたが、きちんと対応してくれて、このときは有難かったです。
主人には家の事はすべてしてもらってました。
しんどい時は何も考えられませんでしたが、今では感謝しかありません。

 

 

男の子の誕生

 

やっとの思いで男の子が生まれました。
右も左も分からず、着替えはどうするか、入浴後のケアはどうするか、
悩んでる暇もなく、毎日が過ぎていきました。

 

 

赤ちゃん

 

 

昼夜かまわず授乳や抱っこ、人生の中で一番ヘトヘトになりました。
親は遠くだったので、主人と二人で出来ることを懸命にやっていきました。

とても長~く長~く感じた日々でしたが、幼稚園から小学校に上がり、
手がはなれてきたかな、という時期です。

 

 

小学生

 

 

小学校で今までとは違う、皆一緒の行動をしないといけない状況で問題が出てきました。
小さい頃から色々説明しても、フワフワした捉え方しかしないな、と感じていたのですが、個性と思い過ごしてきました。

”集中力がない” ”周りを見て行動ができない”など指摘され、病院に連れて行くと、発達障害と診断されたのです。

 

ダイエットとは関係ないので割愛させていただきますが、主人とともに本当に一時の余裕もないない生活をしていました。
息子のことがあったので、再就職はせずに、このまま専業主婦でいく決断をしました。

 

 

体型の変化に愕然!

 

息子も中学生で落ち着いてきた頃でした。
病院に連れて行く途中にフィットネスジムがありました。
ここでハッと心に突き刺さる事が起こりました。

ジムからトレーニング終えて出てくる若い子がとても眩しくキラキラと見えたのに対し、横の壁ガラスに映っていた私・・・・
腰やふくらはぎのしまりのない、やや老けた感じで、
”えぇぇぇぇ~~~~”という言葉すら出ず、立ち止まっていました。

 

 

太る

 

 

その後、やや引きこもり状態でした。

あらためて自分の体をチェックしてみると

 

・下腹のたるみ
・二の腕のたるみ
・胸が大きめに太って見える
・背中のぜい肉

 

以前の私を思い出し、気持ちをリセットし、ダイエット始めることにしました。とにかく気合ばかりで、昼食抜き、ウォーキング30分*3回/日など、調べもせずにやっていたので、一息ついた時にはリバウンドしてしまい、結局元の体重より2kg増える結果となりました。今思うとメチャメチャな取組みです。

 

そこで、会社時代の知識を復習し色々調べた上で、女として健康的に魅力的に保つためのダイエットを目指して、計画を紙に書いて始めました。

 

 

ダイエットに成功

 

望みが見えた瞬間でした。
2週間、とにかく信じて毎日毎日計画を見ながら進めえていきました。

 

 

ダイエット成功

 

すると。息子に ”お母さん、最近変わったね。明るくなったんちがう?” と言われ、主人にも ”ママ、えらいテキパキ動くようになったね。ちょっと痩せた?” と直球で言われたんです。
普段は何も言わないのに、身近な家族に指摘されたなんて、信じられない心持ちでした。私自身も体が軽くなるのを感じ、また化粧のノリもよくなったのですが、本当に周りが明るく感じられました。

 

それからは更にモチベーションを上げて続けると、3か月後には12kgの減量に女性としての健康を保ちながら成功しました。
この頃には、ママ友含め、知り合いには必ずといっていい程、”変わったね” と言われるのが定番になる程でした。
ダイエットすることで、体重はもちろん、肌の調子やお腹の具合も良くなりましたが、それ以上に気持ちが前向きになったのが正直な感想です。また、家族関係までよくなるとは思ってもみませんでした。

 

 

 

ダイエット成功

 

このダイエットにために調べたこと、やってみたことを残し、他の方の体験談を中心にして、いろんな方にそれぞれ合ったダイエット法を見つけてもらいたいと思い、このサイトを立ち上げることにしました。

ページの先頭へ